富良野市・富良野オムカレー

富良野で誕生したオムカレー

富良野オムカレーとは?

全国でトップクラスの生産量を誇る玉ねぎ、にんじん、その他各種野菜や米、酪農、畜産など、様々な食材の一大生産地としての顔を持つ富良野で誕生したオムカレーは、地元食材と提供スタイルにこだわった6ヵ条の定義に基づき、卵をはじめ牛乳やチーズなどの乳製品、付け合わせに欠かせない福神漬やサラダ用の野菜までもなるべく地元で調達するなど、地産地消・環境に優しいご当地グルメです。

富良野オムカレーの定義

『富良野オムカレー』は、国民食のカレーとオムライスを組み合わせ、地元食材と提供スタイルにこだわった新カテゴリーのご当地カレー

富良野オムカレーのルール6か条

第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす

第2条 卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる

第3条 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する

第4条 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる

第5条 富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける

第6条 料金は税込み1,000円以内で提供する

※季節等により他産地の食材になる場合があります。
※「ふらの牛乳」が品切れの際には、富良野産の「にんじんジュース」になることもあります。
※富良野産の卵が不足の際には、北海道産の卵になる場合もあります。

富良野オムカレーの消費者満足度を高める3か条

第1条 味(おいしさ・食材へのこだわり)は、常に追求し、消費者を裏切らない

第2条 笑顔のサービスに努めるとともに、提供店同士の連携も大事にする

第3条 毎月6日を「富良野オムカレーの日」として、サービスを実施する

富良野オムカレーが食べられるお店

  • 新富良野プリンスホテル内レストラン
  • 民宿。お食事 正直村
  • 味処笑楽亭
  • 山香食堂
  • くんえん工房Yamadori
  • レストランノルドゥ
  • てっぱん・お好み焼き まさ屋
  • 朝日のあたる家
  • カフェ&ビストロ パニエ
  • Natural Dining(ナチュラクスホテル内)
  • ムッシュ 小林の店
  • 山香食堂
  • ふらのの台所 なんまら
  • ちいさなログカフェ ふらわ